2006年05月29日

チョコレートと糖尿病

糖尿病ブログへの問い合わせフォームで、「チョコレートを食べて高血糖になりますか?」という質問をいただきました。

糖尿病食事療法のための食品交換表では、チョコレートは、し好食品に分類されています。「原則として糖尿病に好ましくない食品」とされています。チョコレートは15gで1単位(80kcal)となっています。100gで約500kcalと、かなりカロリーの高い食べ物です。カロリーだけでなく、高脂肪の食品です。

でも、チョコレートが糖尿病に良いかも?という話もあります。

チョコレートが糖尿病にいい???

2005年のThe American journal of clinical nutritionという雑誌にブラックチョコレートがインスリン感受性を改善して、血圧を下げる効果があるという論文が発表されました。

その論文によると、15人の健常者に、ブラックチョコレートもしくはホワイトチョコレートを15日間食べてもらったところ、ブラックチョコレートを食べた後は、インスリン感受性がよくなって、血圧が下がったということです(ホワイトチョコレートではこのような効果はみられませんでした)。

一見、糖尿病によさそうに見えますが、注意しないといけないことがあります。

  • まず、対象となっている人が健常者であって、糖尿病の方ではないということです。健常者のインスリン抵抗性は良くなっても、糖尿病の方のインスリン抵抗性はどうなるかわからないです。たとえインスリン抵抗性が良くなっても、血糖値がどうなるかは全くわかりません。
  • 次に15人と対象の方が少ないことです。
  • さらに、15日間と非常に短い期間での結果という点です。短い期間では良かったが、長期間食べると良くないという可能性も十分にあります。
  • さらにさらに、糖尿病の人の血糖値が下がったわけではありません!

つまり、糖尿病の人が、長い間、チョコレートを食べた場合に血糖値がどうなるかは、この結果からはなんともいえません。

チョコレートは現段階ではお薦めできません

結論を申し上げると、今のところ、チョコレートは糖尿病の方にお薦めできる食品ではありません。

糖尿病を良くするために、チョコレートを食べるということはお薦めできません。というより、やめておいた方がよいと思います。

チョコレートが好きな糖尿病の人はどうするか?これは、一概に答えにくい質問です。チョコレートを食べる場合は、少なくとも、適量を守り、体重を増やさないことが大切です。チョコレートは高カロリー、高脂肪なので、量が増えれば体重が増えてしまいます。主治医と一度ご相談されるとよいと思います。

チョコレートと高血糖

最初の「チョコレートを食べて高血糖になりますか?」という質問に戻ります。

糖尿病の人が、ということであれば、答えは「Yes」です。

チョコレートにはカロリーがあり、血糖値は上がります。食べた後すぐに、どのくらい血糖値が上がるかは、主には食品に含まれる炭水化物の量で決まります。

チョコレートは高脂肪の食品です。チョコレートにどのくらいの糖分(炭水化物)が入っているかは、製品により異なります。チョコレートを食べると血糖値は上がりますす。しかし、糖分が主体な食品やお菓子と比べると、血糖値を上げるスピードは緩やかです。

さらに、高カロリー、高脂肪の食品であり、当然多く食べれば、太ってしまいます。太ってしまうと血糖値コントロールが悪くなることが多いです。チョコレートを食べた直後に血糖値が上がってしまうことも問題ですが、長期的に体重が増えてしまうことの方が問題かもしれません。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 23:53 | Comment(62) | TrackBack(0) | 糖尿病その他の話題

2005年05月13日

学会に参加

昨日(5月12日)から、学会(第48回日本糖尿病学会年次学術集会)に参加しております。学会は、いろいろと刺激が多く、毎年楽しみにしています。糖尿病をやっているものにとっては、メインの学会で、発表の場でもあり、勉強の場でもあります。ADA(アメリカ糖尿病学会)に参加することもありますが、なかなか毎年参加することはできません。

しっかりと勉強してきたいと思います。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病その他の話題

2005年04月26日

血糖値の悪くなる時期

年末年始

年末、お正月は、血糖値が悪くなる方が多いです。どうしても、食事が多くなったり、運動不足になってしまうからでしょう。体重がかなり増えてしまう方もいらっしゃいます。これは、べつに、糖尿病患者さんに限った話ではないでしょう。

年度末

お仕事をしている方は、3月は忙しい時期のためか、食事が乱れたり、お薬を飲み忘れたり、お薬が切れたりして、血糖値が悪くなる方がいらっしゃいます。私は、この時期は、あまり忙しくはないので、実感はあまりわきませんが、お仕事によってはかなり大変な時期のようですね。

花粉症

今年は、スギ花粉量が多く、花粉症で苦しんだ方も多かったと思います。「花粉症で、外出する気になれず、運動があまりできなかった」という話を聞くことが、今年は多かったです。花粉症で運動不足になり、血糖値が悪くなってしまいます。その他にも、花粉症は血糖値をあげる原因になることがあります。花粉症を抑えるために、ステロイドの注射やステロイドが入っている飲み薬を飲んでいる場合です。ステロイドには、血糖値をあげる副作用があるので、糖尿病の方が使うときは注意が必要です。花粉症のときに、本当にステロイドを使う必要があるのか、メリットとデメリットを考える必要があります。ステロイド点鼻薬は、血糖に与える影響が少ないです。まずは、ステロイドが入っていない抗アレルギー薬、目薬、点鼻薬を使うのが良いと思います。それでも症状がひどければ、ステロイドの点鼻薬を使うのが良いです。いずれにしても、そろそろ、花粉症も落ち着く時期なので、花粉症の方はうれしいですね。私も花粉症ですが、早く花粉症シーズンが過ぎてほしいです。

1年365日、毎日毎日、食事療法・運動療法・薬物療法を完璧にこなすことは困難だと思います。完璧を目指すと、ストレスも多くなりますし、うまくいかないとき投げ出したくもなると思います。特に、食事・運動に関しては、あまり無理な目標を立てず、達成できそうな目標を立てて、まずは、その目標を目指すようにしましょう。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病その他の話題

a_blt021.gifこのブログの目次へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。