2005年03月06日

糖尿病の分類

  • 「インスリンの出が悪い」
  • 「インスリンの効きが悪い」

このどちらか、または両方が、原因となり糖尿病になります。 今回は、この点について、糖尿病の分類と合わせて説明したいと思います。(血糖値とインスリンの関係については糖の動きもご覧ください。)

1型糖尿病

すい臓のインスリンを作り出す細胞(β細胞)が破壊されてしまい、 インスリン分泌が著しく低下し、インスリンが不足するために起こる糖尿病です。 「インスリンの出が悪い」タイプの糖尿病です。 インスリンの分泌が著しく低下しているため、インスリン治療が必要になります。

β細胞が破壊されるスピードはさまざまです。

数日間から数週間で破壊され、糖尿病を発症すると考えられる
「劇症1型糖尿病」
数年から数十年かけて破壊され、糖尿病を発症すると考えられる
「緩徐進行型1型糖尿病」
その中間の
「急性発症1型糖尿病」
などがあります。

2型糖尿病

  • 「インスリンの出が悪い」のが、糖尿病の主な原因となるタイプ
  • 「インスリンの効きが悪い」のが、糖尿病の主な原因で、それに「インスリンの出が悪い」のを伴うタイプ

などがあります。

同じ2型糖尿病でも、

  • 「インスリンの出が悪い」のが主な原因か
  • 「インスリンの効きが悪い」のが主な原因か

人により、異なります。

また、それにより、治療法も異なります。 生活習慣病と呼ばれる糖尿病は、この2型糖尿病です。

type2dm.gif

日本の糖尿病患者さんの90-95%は2型糖尿病と考えられています。

なお、このふたつのタイプ以外に、 「その他の特定の機序、疾患によるもの」、 「妊娠糖尿病」 があります。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 11:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 糖尿病の基礎知識

2005年03月05日

糖の動き

今回は、血糖値インスリンの関係について、もう少し詳しくお話したいと思います。

健常者のブドウ糖、インスリンの動き

まず、インスリンは食事をしなくても、常に一定量はすい臓から出ています。 血糖値を上げるホルモンは複数あるので、 インスリンが出ないと、どんどん血糖値が上がってしまいます。 そうならないように常に一定量はインスリンが出ているのです。

この一定量出ているインスリンを、インスリンの「基礎分泌」と呼んでいます。

では、食事を食べたときはどうなるのでしょうか?
食事を食べると

  1. 腸から食べ物が消化・吸収されて、ブドウ糖が血液の中に入ります。つまり、血糖値が上がります。

  2. 血糖値が上がるとすい臓がそれを感知して、インスリンを「ドバッ」と出します。これをインスリンの「追加分泌」と呼びます。

  3. 肝臓にインスリンとともにブドウ糖がくると、肝臓はブドウ糖を取り込みます。ブドウ糖の一部は、グリコーゲンとなって肝臓に貯められます。

  4. 肝臓をすり抜けたブドウ糖により、血糖値が上がります。

  5. しかし、インスリンが「ドバッ」と出ているので、血液中のブドウ糖は脂肪組織や筋肉に取り込まれます。したがって、血糖値はあまりあがらずに、徐々にもとの値に戻っていきます。

  6. 血糖値が下がると、インスリンの分泌も下がり、「基礎分泌」に戻ります。

  7. 血糖を上げるホルモンとインスリンの「基礎分泌」のバランスで、正常の血糖値が保たれます。

glufig1-2.gif glufig2-2.gif

糖尿病ではどうなってるの?

糖尿病では、どうして血糖値が上がってしまうのでしょうか? 糖の流れから考えて

  • インスリンが十分に出ていない
  • インスリンが出ていても肝臓、脂肪組織、筋肉にインスリンが十分効かない

と血糖値が上がってしまいます。そのほかの原因でも血糖値が上がってしまいますが、ほとんどがこの

  • 「インスリンの出が悪い」
  • 「インスリンの効きが悪い」

が原因になっています。

この両方ともが原因となって、糖尿病になることが多いのですが、 この点についてはまたお話したいと思います。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の基礎知識

2005年03月01日

インスリンとは

インスリンはすい臓から分泌されているホルモンです。 すい臓は胃の後ろで、十二指腸に取り囲まれている臓器です。

すい臓は、インスリンだけでなく、 血糖を上げるホルモンであるグルカゴン というホルモンも分泌しています。 さらに、食べ物を消化するのに必要な消化酵素も出しています。

pancreas.gif

インスリンやグルカゴンは、消化酵素とは違う細胞から分泌されています。 インスリンやグルカゴンは、すい臓の中の すい島(ランゲルハンス島)と呼ばれている細胞が集まっているところから分泌されています。

さらに細かいことをいうと、

  • インスリンは、すい島の中のβ(ベータ)細胞
  • グルカゴンは、すい島の中のα(アルファ)細胞

から分泌されています。

インスリン=血糖を下げるホルモン

インスリンは血糖値を下げるホルモンです。

血糖値とは「血液の中のブドウ糖の量(濃度)」 とのお話をしました。

つまり、インスリンとは、血液の中のブドウ糖の量を下げるホルモンということです。

では、血液の中のブドウ糖はどこに行くのでしょうか?

インスリンは、すい臓から血液中に分泌されます。 血液中に出たインスリンは肝臓、筋肉など全身の細胞の 表面にある鍵穴(受容体)にくっつきます。 インスリンが細胞の鍵穴にくっつくと、 その細胞は血液の中のブドウ糖を細胞の中に取り込むのです。

インスリンが十分効いていると、 血液の中のブドウ糖が、どんどんと細胞の中に取り込まれるので、 「血液の中のブドウ糖の量が減る」=血糖値が下がるのです。

細胞の中に取り込まれたブドウ糖は、細胞のエネルギー源として使われます。 肝臓、脂肪組織、筋肉などに取り込まれたブドウ糖もエネルギー源となりますが、 余ったブドウ糖は、中性脂肪、グリコーゲンなどに姿を変えて、 肝臓、脂肪組織、筋肉に貯めこまれます。 これらの貯め込まれた中性脂肪やグリコーゲンは、食事をしていないときや、運動をするときなど、必要になったときに使われるのです。

まとめ

インスリンは、すい臓から分泌される血糖値を下げるホルモンです。 血糖値が下がるのは、血液中のブドウ糖が、 肝臓、脂肪組織、筋肉をはじめとした全身の細胞に取り込まれるからです。 血糖とインスリンの関係については、またお話したいと思います。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 22:27 | Comment(13) | TrackBack(0) | 糖尿病の基礎知識

2005年02月27日

血糖値とは

血糖値=血液の中のブドウ糖の濃度

糖尿病とは血糖が高くなる病気です。

そして、 血糖値が高い状態が続くとさまざまな合併症が出てしまいます。

でも、そもそも血糖ってなんなのでしょうか?

血糖値とは「血液の中のブドウ糖の量(濃度)」 を表す値です。 では、ブドウ糖は体の中で、どのような役割をしているのでしょうか?

ブドウ糖は体のエネルギー源

ブドウ糖は、体の最も重要なエネルギー源です。 特に、脳細胞は、必要なエネルギーのほとんどをブドウ糖に頼っています。 脳細胞以外にも、筋肉を動かしたり、心臓が動いたり、体温を維持するためにも、 ブドウ糖は必要です。

このように、ブドウ糖は体の重要なエネルギー源なので、 血糖値が下がり過ぎないように、さまざまなホルモンが働いています。 ひとつのホルモンがうまく働かなくなっても簡単に血糖値が下がらないように、 血糖を上げるホルモンは体の中に複数あります。

血糖を上げるホルモンには、 カテコラミン(アドレナリンなど)、 成長ホルモン、 副腎皮質ホルモン、 グルカゴン などがあります。 これらのホルモンによって、血糖値が下がり過ぎないように調節されているのです。

ブドウ糖はどこからくるの?

食事をすると、食べ物が消化・吸収されて、栄養素は血液の中に入ります。 その中の一部は、ブドウ糖となって体のエネルギー源となります。 余ったものは肝臓や脂肪に貯められます。 食事をしていないときには、肝臓や脂肪に貯められた栄養素から、肝臓でブドウ糖が作られて、 ブドウ糖が血液の中に出て行きます。 このようにして、食事をしていないときでも、血糖が下がり過ぎないようになっているのです。

血糖を下げるホルモンは?

血糖値を上げるホルモンは複数あります。 では、血糖を下げるホルモンはないのでしょうか? 血糖を下げるホルモンは、聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、 インスリン です。

糖尿病は

  • インスリンの「出」が悪い
  • インスリンが出ていても、効き目が悪い

ことにより、血糖値が上がってしまう病気です。インスリンについては、また説明したいと思います

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の基礎知識

a_blt021.gifこのブログの目次へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。