2005年10月24日

インスリン注射器

インスリン治療については、インスリン治療の適応インスリン製剤の種類インスリンの注射パターンで説明してきました。 まだ、インスリンをどのように注射するかについては説明していませんでした。

インスリン注射の方法と器具

注射というと、病院などで採血をするときの注射器を想像する方もいるかもしれません。また、インフルエンザなどの予防接種などを想像する方もいらっしゃるかもしれません。

インスリンの注射器は進歩していて、現在では、簡単な操作で注射できるペン型やキット製剤が主流になっています。普通の注射器と異なり、慣れれば、簡単に注射をすることができます。また、注射の針も非常に細くて、ほとんど痛みを感じずに、注射ができます。採血や予防接種の時の注射のような痛みはありません。

インスリンの注射法に関しては、インスリン製剤を出している、イーライリリーノボ ノルディスク ファーマのホームページが参考になると思います。この2社のインスリン注射器の使い方は似ている点が多いです。

(このほか日本では、アベンティスが持効型インスリンのランタスを出しています。ランタスはインスリン自体は良いものです。ランタスの注射器は残念ながらあまり評判が良くなく、いろいろな問題も出ています。今回は、この注射器については、説明を省略いたします。)

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 22:51 | Comment(2) | TrackBack(1) | インスリン治療

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
1型糖尿のおさると申します。インスリンで検索して辿り着きました。
コレからも遊びに来させて頂きます。
それとリンクに加えさせて頂きますね^-^
Posted by はじめまして at 2005年11月20日 19:53
はじめまして。
ブログ拝見しました。私も、遊びに行きますね。
Posted by ベスト(管理人) at 2005年11月23日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8551471
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

注入器あれこれ
Excerpt: ともまるはいままでに4種類の注入器を使っていますが、 ここで4種類の違い(利点・...
Weblog: ともまるの甘さひかえめ
Tracked: 2005-10-26 00:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。