2005年10月11日

食事療法を続けるとやせる?

医師から指示された食事療法を守ると、どんどん体重がやせてしまって心配という方が、ときどきいらっしゃいます。医師が指示する食事のカロリーについて、今回は考えてみたいと思います。

2型糖尿病の治療の基本は、食事療法、運動療法です。食事療法は、1400kcal、1600kcal、1800kcalなど、具体的な指示を受けることが多いと思います。この指示カロリーは、ほとんどは、 食事療法の基本で説明した方法で求めることが多いです。簡単に説明しますと、

  1. 身長から標準体重を求めます。
  2. 身体活動量(体をどのくらい動かすか)を、予測します。
  3. 標準体重と身体活動量から、指示カロリーを求めます。

詳しくは、食事療法の基本を参考にしてください。そこでも説明しましたように、これはあくまでも摂取カロリーの目安です。身長と身体活動量(の予想)だけで、適切な摂取カロリーがわかるとは限りません。したがって、このカロリーが理想とは限りません。経過をみて、指示カロリーを変更する必要も出てきます。

  • 摂取カロリーを守ってもどんどん太るのであれば、さらに摂取カロリーを減らす必要があるかもしれません。
  • 摂取カロリーを守って、どんどん痩せていくのであれば、摂取カロリーを増やす必要があるかもしれません。ただし、血糖値が悪いときにやせるのは、摂取カロリーが足りないからではありません。血糖コントロールが悪いから、やせてしまうのです。

医師から受けた指示カロリーは、一生不変な絶対的なカロリーではありません。年齢、肥満の有無、体重の推移、合併症の有無により変更する必要があります。肥満があっても、あまりにも早くやせる必要はありません。もともとやせている方、または標準体重に近い方はやせる必要はないケースがほとんどです。現状維持が目標になります。

指示カロリーに不安があるときは、主治医に相談してみましょう。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 23:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食事療法

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
とても参考になったので名前のカテゴリーにてリンクさせて頂きました。
Posted by 糖尿病 at 2005年10月15日 12:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。