2005年05月30日

レジスタンス運動

レジスタンス運動(筋肉運動)とは、重いものを動かしたり、抵抗のあるものに対して、筋肉を使う運動です。具体的には、バーベル、ダンベル、チューブなどを使った運動や、油圧や、空気圧を用いたマシンでの運動です。自分の体重を使った運動もできます。

レジスタンス運動の効果

レジスタンス運動は、有酸素運動と同じようにインスリン感受性(インスリンの効き目)を良くします。また、筋肉量を増やしたり、筋肉の耐久力をつける効果があります。さらに、骨密度をあげる効果もあり、骨粗鬆症による骨折の予防に重要です。そのようなわけで、有酸素運動だけでなく、レジスタンス運動もおすすめです。

レジスタンス運動の進め方

筋肉量を増やすためには、ある程度強い負荷をかけた運動をしないといけません。しかし、強い負荷は、血圧が上がりやすいなど、体に負担をかけることがあります。まずは、中等度の運動から始めて、徐々に負荷を強くしていくのが良いと思います。

具体的には、1セット10〜15回反復を中等度の強さで行います。1セットから始めて、可能であれば3セットくり返して行います。これに慣れてきたら、8〜10回反復するのが限度くらいの負荷で、8〜10回反復を3セット行うのが良いです。

息を止めないように、声を出しながらやるのがおすすめです。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 23:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 運動療法

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
糖尿病の方の運動も大切ですよね(^_-)-☆参考になりました。ありがとうございま〜す
Posted by tasima at 2005年09月29日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4020676
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。