2005年05月19日

運動しても体重が減らない?

運動には、さまざまな効果があります(運動の効果もご覧ください)。

  • 運動療法は、インスリンの効き目を良くしてくれます。糖尿病の方は、お薬、食事などが変わらなくても、血糖値が下がります。
  • 高血圧の方は、血圧が下がります。
  • 中性脂肪が下がり、HDL-コレステロール(善玉コレステロール)が増えます。
  • 狭心症、心筋梗塞の予防効果があります。
  • 体重が減りやすくなります。また、太りにくい体質になります。
  • 心臓、肺の機能が強化されます。
  • ストレス解消にもなります。

運動しても効果がない??

運動を始めても、なかなか効果がないという方もいらっしゃいます。運動をすると、さまざまな効果がありますが、すぐに現れる効果と、ゆっくりと現れてくる効果があります。

「運動しても効果がない」と感じている方のなかには、ゆっくりと現れる効果が、すぐに現れることを期待している方もいます。

早く現れる効果 - 血糖値が下がる

早く現れる効果の代表は、血糖値です。運動をすると、血糖値が下がります。運動中から、血糖が下がる効果は現れます。この効果は、24−72時間続くと考えられています。どのくらい続くかは、運動の強さと量によって、違います。

自分で血糖値を測っている方は、実感できると思います。運動をしばらくしなかったときに血糖値を数日間測って、その後、運動を始めて血糖値を測ると、運動していなかったときと比べて血糖値は下がります。

自分で血糖値を測っていない方は、外来を受診したときに測るヘモグロビンA1cが参考になります。運動をしていなかったときと比べると、運動をしているときのヘモグロビンA1cは下がってきます。

運動量が多くなると、インスリンの効き目はより良くなります。歩数計で測った、一日の歩数と、インスリン感受性(インスリンの効き目)は、正の相関があるという報告があります。

ゆっくりと現れる効果

残念ながら、体重の減少は、すぐには起こりません。また、体重を下げるには、血糖値や中性脂肪を下げるよりも、より多くの運動(運動の強度と量)が必要と考えられています。運動で使うエネルギーは、思っているより少ないのです。

また運動でエネルギーを消費しても、食事量が増えたり、運動以外の時間で以前より動かなくなってしまい、かえって太ってしまう方もいます。太ることは避けないといけませんが、たとえ体重がなかなか減らなくても落胆することはありません。体重が減らなくても、血糖値、中性脂肪などは良くなります。長い目でみると、運動には、狭心症、心筋梗塞などを予防する効果があります。

さらに、体重が変わらなくても、脂肪が減り、筋肉量が増えていることもあります。体重が減らないから運動の効果がないと考えるのは間違いです。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動療法

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。