2005年05月08日

運動療法の効果

運動療法は、食事療法、薬物治療とともに糖尿病治療の3本柱のひとつです。運動が必要なのは、糖尿病の方に限ったことではありません。運動は糖尿病の方に限らず、すべての人にとって大きな利益をもたらしてくれます。運動は、健康な体と心を作ってくれます。

糖尿病の方(特に2型糖尿病の方)は、

  • コレステロール代謝が悪い
  • 血圧が高い
  • インスリンの効き目が悪い
  • 体重が多い

などを、伴っていることが多いため、運動により得られる利益は、より大きくなります。運動の効果をまとめてみましょう。

運動療法の効果

では、運動療法をまとめてみます。運動療法の効果がわからないと、やる気がわいてこないでしょう。

  • 運動療法は、インスリンの効き目を良くしてくれます。お薬、食事などが変わらなくても、血糖値が下がります。
  • 高血圧の方は、血圧が下がります。
  • 中性脂肪が下がり、HDL-コレステロール(善玉コレステロール)が増えます。
  • 狭心症、心筋梗塞の予防効果があります。
  • 体重が減りやすくなります。また、太りにくい体質になります。
  • 心臓、肺の機能が強化されます。
  • ストレス解消にもなります。

運動療法をすると、たとえ体重が減らなくても、インスリンの効き目はよくなり、高脂血症もよくなります。 食事療法だけで、体重を減らすと、体脂肪とともに筋肉も落ちてしまします。 しかし、運動療法も一緒に行うことにより、筋肉がおちていくのをある程度抑えることができます。

どうですか?良い効果ばかりですね。これらの効果を知って、運動療法をやる気になった方は、ぜひ運動をしましょう。

運動療法を始める前に

運動療法を始める前に、知っておくべき点がいくつかあります。血糖コントロールが非常に悪い場合や、合併症が進んでいる場合には、運動がかえって悪影響を及ぼすことがあります。そのようなことがないように、主治医に積極的に運動療法をしても良いか聞いておく必要があります。どのようなときに運動を控えたほうが良いか、運動療法をする前に必要なメディカルチェックについては、またお話したいと思います。

運動療法に踏み切れない

運動の効果を知っても、なかなか運動に踏み切れない方もいるかもしれません。もともと、効果は知っていたけど、なかなか運動をできなかった方もいるでしょう。また、運動しても効果がみられなかったという方もいるかもしれません。運動に踏み切れない理由はいろいろあると思います。

  • 時間がない
  • 運動がつまらない、退屈
  • 低血糖を起こしていやになった
  • 体重が減らなかった
  • 運動をしても効果がなかった
  • 医師の言うとおりの運動は実現不可能

そのほかにも、運動療法に踏み切れない理由、運動療法を続けられない理由があると思います。運動療法に限ったことではありませんが、最初から完璧を目指すと、途中でやめてしまうことになります。まずは、実現可能な目標を立てて、少しずつ、すすめていけばよいのです。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 10:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 運動療法

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
頑張って運動療法に励んでます。
でも、最近食生活が乱れ気味で・・・
お野菜を採らないと。
Posted by 糖尿病になっちゃったよ・・・ at 2005年05月09日 00:02
コメントありがとうございます。
運動療法、ぜひ続けてください。運動は良い効果ばかりですよね。体重を減らすときは、食事を気をつけるのがメインになりますが、リバウンドを避けるのには、運動が効果があります。
体重は標準体重まで減らさなくても、血糖が下がったり、中性脂肪が下がったりといろいろ効果が出ますよ。
Posted by ベスト(管理人) at 2005年05月10日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。