2005年05月03日

ビグアナイド薬

インスリンの分泌(出)を促すことなく、血糖値を下げるお薬です。SU剤と同じように、古くから糖尿病の治療に使われているお薬です。

ビグアナイド薬の種類

一般名 商品名 1錠中の含有量(mg) 1日の使用量(mg)
塩酸メトホルミン メルビン
メデット
グリコラン
250 250 - 750
塩酸ブホルミン ジベトスB 50 50-150

一般名と商品名については、SU剤の表の下の説明を参照してください。

ビグアナイド薬の作用

糖新生をおさえる

ビグアナイド薬は主に、肝臓で糖新生(肝臓でブドウ糖が作られること)をおさえることにより、血糖値を下げるお薬です。その他、腸からの糖分の吸収をおさえたり、筋肉でのインスリンの効き目を良くする作用が知られています。

太っている人に適している

ビグアナイド薬は、インスリンやSU剤に比べて、体重増加を起こしにくく、動脈硬化を抑制する可能性があり注目されています。太っている方に、特に適している薬です。

糖尿病予防効果

米国で行われたDPP(Diabetes Prevention Program)という研究で、メルビンが耐糖能異常(境界型)から2型糖尿病への悪化を抑制したと報告されました。メルビンにより、糖尿病の発症は31%抑制されました。しかし、メルビンよりも効果があったのは、食事、運動などの生活習慣の改善と報告されています。日本では(保険上)、糖尿病以外の方には、メルビンの投与は認められていません。

ビグアナイド薬を飲むときの注意点

まれですが、乳酸アシドーシスという重症な副作用が出ることがあります。主に、腎臓の悪い人に、乳酸アシドーシスが起こります。したがって、腎臓が悪い方には、適していないお薬です。高齢者も使用しないほうが良いと考えられています。そのほか、肝臓、心臓、肺機能が悪い方、アルコールを多く飲む方には適していないお薬です。

発熱時、下痢などで脱水を起こしやすいときは、休薬します。

CTの検査などで使う、ヨード造影剤を使うときは、休薬します。

胃がムカムカする副作用がでることがあります。もし症状があれば、主治医と相談しましょう。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 糖尿病一般

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

糖尿病は境界型が危険!
Excerpt: 境界型をふくめると、1600万人といわれるのが、 日本の糖尿病人口。これは成人の
Weblog: サラリーマン.info 働く男のお気に入り!
Tracked: 2005-06-24 10:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。