2005年04月29日

αグルコシダーゼ阻害薬

糖質の消化・吸収を遅らせて、食後の高血糖をおさえるお薬です。食事の直前に飲むと、食後の血糖の上がりが緩やかになります。

αグルコシダーゼ阻害薬の種類

一般名 商品名 1錠中の含有量(mg) 1日の使用量(mg)
アカルボース グルコバイ 50, 100 150-300
ボグリボース ベイスン 0.2, 0.3 0.6-0.9

一般名と商品名については、SU剤の表の下の説明を参照してください。

αグルコシダーゼ阻害薬の作用

食後の血糖値を抑える

炭水化物(糖質)は、小腸の粘膜にあるαグルコシダーゼという酵素の働きで、ブドウ糖などの単糖類に分解されて、小腸から吸収されます。αグルコシダーゼ阻害薬は、このαグルコシダーゼの働きを抑える薬です。それにより、炭水化物を食べたとき、炭水化物の吸収がゆっくりとなり、食後に血糖値が上がるのを抑えることができます。

空腹時(朝食前)の血糖値があまり高くなくて、食後の血糖値が高い方に適しています。また、他の糖尿病治療薬、インスリンとも相性がいいため、他の薬と一緒に使うことが多い薬です。

糖尿病の予防効果

STOP-NIDDMという研究で、αグルコシダーゼ阻害薬のグルコバイが、耐糖能異常(境界型)から2型糖尿病への悪化を抑制したと報告されています。グルコバイにより本当に糖尿病の発症を抑えられたのか、単に糖尿病の発症を遅らせているだけなのかは議論のあるところです。また、日本では(保険上)、糖尿病以外の方には、グルコバイの投与は認められていません。

αグルコシダーゼ阻害薬を飲むときの注意点

食直前に服用を

この薬は、薬を飲むタイミングが重要なお薬です。食事の直前に飲むと、食後の血糖を良く抑えることができます。食事30分前や食後では、あまり効きません。食事の直前に飲むというのがこのお薬のポイントです。

おなかがはる、おならが増えるなどの副作用

αグルコシダーゼ阻害薬により、吸収がおさえられた炭水化物は、一部は大腸まで達して、腸内細菌により発酵されてから吸収されます。腸内で発酵が起こると、腸内ガスが発生します。そのため、このお薬を飲むと、おなかがはったり、おならが増えることがよくあります。また、下痢気味になったり、便秘気味になることもあります。おなかがはったり、おならが増えたりする副作用は、程度の差はありますが、ほとんどの方にが出ます。2,3ヶ月飲んでいると、徐々に症状が治まってくることが多いです。

おなかがはったり、おならが増えるため、飲むのをやめてしまう人が多い薬でもあります。患者さんにお話を聞くと

  • 「実は飲んでいません」
  • 「お薬がかなり余っています」

という方が多いです。食事の前に飲むお薬なので忘れやすいということもあると思いますが、おなかの症状のために、やめたり、減らしたりしている方も多いです。しかし、炭水化物の吸収をゆっくりにするという、他の薬にはみられない作用があるため、良く使われるお薬です。また、太りにくいお薬でもあり、良いお薬です。少ない量から初めて、徐々に薬に慣れると良いです。

おなかの手術を受けたことのある人、腸閉塞になったことのある人は、この薬により腸閉塞になる可能性があるため、注意が必要です。

低血糖のときはかならずブドウ糖を!!

このお薬だけで、低血糖になることはまずありません。αグルコシダーゼ阻害薬は、他の糖尿病治療薬やインスリンとも相性の良いお薬です。経口血糖降下薬やインスリンと、αグルコシダーゼ阻害薬を一緒に使っているときに、低血糖を起こすことがあります。その時には、必ずブドウ糖をとるようにしましょう。αグルコシダーゼ阻害薬は、糖質の分解を抑えて糖質の吸収を遅らせるお薬なので、お砂糖などをとってもすぐに血糖値は上がりません。ブドウ糖であれば、分解されずそのまますぐに吸収されるので、問題ありません。

αグルコシダーゼ阻害薬を飲んでいるときの低血糖には、必ずブドウ糖を使うようにしましょう。低血糖の説明も、ぜひ読んでください。

肝機能障害

重篤な肝機能障害の報告があります。定期的な肝機能検査が必要です。重篤な肝機能障害が起こる頻度は非常に低いです。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 経口血糖降下薬

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 経口血糖降下薬経口血糖降下薬(OHA : oral hypoglycemic agent)にはスルフォニルウレア剤(SU薬)、ビグアナイド剤(BG薬)、αグルコシダーゼ阻害剤(αGI薬)、チアゾリジン..
Weblog: さまざまな医薬品
Tracked: 2007-07-26 11:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。