2005年03月27日

インスリンはくせになる??

患者 「インスリンは一度つかったら、くせになってやめられないんですよね」

医師 「インスリンはくせにはならないですよ」

患者 「じゃぁ、一度、使ってもやめられるんですか?」

いままで、なんどとなく、この会話をしてきたような気がします。

インスリン治療は最終手段??

インスリンを使っている人 = 重症な糖尿病

と考えている人が多いです。

「インスリンを使わないといけないほど悪いんですか?」

「食事、運動をがんばってきたのに、どうしてインスリンなんですか?」

と、インスリンにあまり良いイメージはないようです。

確かに昔は、食事療法、運動療法をやって、飲み薬を飲んでも、いよいよ血糖のコントロールがつかなくなってから インスリンを使うことが多かったようです。 そのため、インスリンに対してよいイメージがないのかもしれません。 最近では、インスリンはそんな消極的な使い方ではなく、最初のうちから積極的に使うことが多いです。 そもそも重症な糖尿病ってなんでしょうか?重症な糖尿病=インスリンを使っている糖尿病では決してありません。強いて言うならば、合併症が進んだ糖尿病が重症な糖尿病でしょうか。 合併症を進まないためには、血糖を良くしておくことが大切です。 食事療法、運動療法だけで治療を受けていて悪い血糖値が続くよりは 飲み薬なり、インスリン注射をして良い血糖値を保ち、合併症が進まないことのほうがよっぽど大切です。インスリン注射を早くから行うようになった理由はいろいろありますが、インスリン注射をする注射器や針などの進歩によって、インスリン注射が手軽に行えるようになったのも大きな理由です。

一度インスリンを使うとやめられない??

この質問はほんとに、日常の診療で本当に多い質問です。インスリンを患者さんにお勧めするケースはいろいろあります インスリンをやめられるかやめられないかは自分のすい臓からインスリンがしっかり出ているか、出ていないか、にかかっています。

1. 自分のすい臓からインスリンがしっかり出ている場合
なんらかの理由でインスリン治療を始めても、やめることができます。インスリンがくせになってしまいやめられないということはありません。
2. 自分のすい臓からインスリンがあまり出ていない場合
1型糖尿病(インスリンを作っている、すい臓のβ細胞がやられてしまうタイプの糖尿病)の場合は、 インスリンが出なくなっているので、インスリンをやめることはできません(一時的にインスリンが不要になることはあります)。
2型糖尿病の場合はケースバイケースです。インスリンが出なくなっている理由によります。

続きは、次回お話したいと思います。「糖毒性」がキーワードになります。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 18:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | インスリン治療

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
はじめまして。1型歴27年目突入です。1型と2型が混乱している方って多いですよね。そのために
小さい頃は「食べ過ぎちゃったのね」みたいなことも言われたこともありました。2型の方もみんながみんな生活習慣から来ているわけではないし、DMの正しい知識、認識を世間の人に浸透させるのって難しいですよね。。
Posted by ちかりん at 2005年03月27日 21:33
コメントありがとうございます。1型糖尿病歴27年って、私の糖尿病診療歴よりずっと長いです。糖尿病の正しい知識、認識に関する意見はおっしゃる通りだと思います。
ここを見ている方のために、少しコメントしたいと思います。
1型糖尿病はもちろんのこと、2型糖尿病でも生活習慣が悪いことだけが原因ではありません。生活習慣が悪くて、暴飲暴食、運動不足で糖尿病になる人もいれば、同じように暴飲暴食、運動不足でも糖尿病にならない人もいます。逆に、食事、運動などに特別に問題点がなくても2型糖尿病になってしまう方もいます。
糖尿病のある人=生活習慣の悪い人
という考えは間違いです。生まれついた体質も、あるのです。
食事、運動を気をつけると2型糖尿病になりにくいのは事実です。しかし、気をつければ、必ず2型糖尿病にならないわけではありません。逆に食事、運動にまったく気をつけなくても、2型糖尿病にならない方はならないのです。
Posted by ベスト(管理人) at 2005年03月28日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2638285
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。