2005年02月20日

糖尿病の気(け)があるといわれたら・・・

健康診断などで、

  • 「糖尿病の気がある」
  • 「糖尿病ではなく境界」
  • 「境界型糖尿病」
などと言われたことはないでしょうか?これはどういう意味でしょうか?

まず確かなことは、

「まだ糖尿病じゃないから大丈夫だろう」

と考えることは大間違いで、大変危険だ、ということです。 真剣に受け止めないといけません。

空腹時血糖値だけではわからない!?

健康診断の時は、食事をしないで血液検査を受けていると思います。つまり検査でわかるのは、空腹時の血糖値です。

  • 空腹時の血糖値が正常型(110mg/dl未満)
  • 糖尿病型(126mg/dl以上)
のいずれでもないときを
  • 「境界型」(空腹時血糖値が110〜125 mg/dl)
といいますが、
  • 「糖尿病の気がある」
  • 「境界」
などの説明を受けることが多いようです。

空腹時の血糖値が「境界型」でも、食事をした後に血糖値がかなり上がり、 本当は糖尿病のことがあります。(日本のデータでは、30%以上は糖尿病 といわれています)

つまり、空腹時の血糖値だけでは、わからないのです。 したがって、空腹時の血糖値で「境界型」といわれた方は、 本当に「境界型」なのか、実は「糖尿病」なのかを調べる必要があります。

お勧めは75g糖負荷試験

食事の後の血糖値といっても、食事の内容により食後の血糖は大きく変わります。 そこで、検査のために作られたのが、75gの糖を含んだ飲み物です。 これを飲んだ後、数回(例えば、30分、60分、120分後)血液検査をして、 血糖値の上がり具合をみると、糖尿病型か否かが判定できます。

この検査を、75g糖負荷試験(75gOGTT;oral glucose tolerance test)といいます。

120分後の血糖値が

  • 140mg/dl未満であれば『正常型』、
  • 200mg/dl以上であれば『糖尿病型』、
  • その間(140-199mg/dl)であれば『境界型』

です。

糖尿病の診断は、75g糖負荷試験がすべてではありません。 血糖値があまりにも高いときは、75g糖負荷試験をしなくても、糖尿病と診断できることもあります。 逆に、このようにあまりにも血糖値が高い場合は、75g糖負荷試験を受けると危険です。

  • 「糖尿病の気がある」
  • 「糖尿病ではなく境界」
  • 「境界型糖尿病」

などといわれたら、医療機関で、どのように対処したらよいか、相談していただくのが良いと思います。

最終的に「境界型」ときは、そのままなにもしなくて大丈夫なのでしょうか?

答えは「No」です。

境界型ついては、またお話したいと思います。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2051351
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。