2005年02月12日

糖尿病を放置しないで!

ある日の診察室で

患者 「今日、朝起きたら、突然、目が見えなくなって・・・」

患者 「すぐに眼科にかかったら、糖尿病のせいだって・・・」

患者 「内科にもかかるように言われて来ました・・・」

医師 「糖尿病っていわれたのは、今回が初めてですか?」

患者 「えぇ、10年ほど前に『糖尿病の気がある』って言われましたけど。」

患者 「糖尿病だって言われたことはないです。」

よく話を聞いてみると、10年前に健康診断で「糖尿病の気がある」と言われ、その後も血糖値が高いことがあったが、なにも症状がないため、そのまま放置していたという。
残念ながら、視力はいくらか戻っても、元に戻ることはないでしょう。

糖尿病 − 放置されやすい病気

厚生労働省の平成14年度糖尿病実態調査報告によると

  • 糖尿病が強く疑われる人」は約740万人
  • 糖尿病の可能性を否定できない人」は約880万人

で、計約1620万人にものぼります。まさに国民病ですね。

さらに驚くべきことに

「糖尿病が強く疑われる人」のうち治療を受けている人は50.6%

実に半分以上の方は治療を受けていませんでした。 どうして、こんなに治療を受けていない人が多いのでしょうか?

糖尿病は「無症状」のことが多い

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気です。症状としては尿が多い(多尿)、 のどが渇いてよく水を飲む(口渇、多飲)、 体がだるく疲れやすいなどが知られています。 しかし、 このような自覚症状を訴えて「私は糖尿病ではないでしょうか」 と心配して検査を受けにいらっしゃる方は少数派です。

たいていは

  • 「健康診断で血糖値が高めと言われた。」
  • 「健康診断で糖尿病の予備軍といわれた。」
などと、おっしゃって来院される方が多いです。

というのは、 糖尿病は早期に症状が出る患者さんは少なく、全く無症状の方が多いからです。 この「無症状」というのが糖尿病の怖いところです。

ほんとに怖いのは合併症1 − 三大合併症

無症状でも、血糖値が少しでも高い状態が続くと、 糖尿病による「合併症」は静かに進行しており、 気づいたときには手遅れになっていることもあります。

糖尿病の合併症で代表的なものが

  1. 糖尿病による目の病気(糖尿病性網膜症)
  2. 糖尿病による腎臓の病気(糖尿病性腎症)
  3. 糖尿病による末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)
で、三大合併症と呼ばれています。いずれも、比較的細い血管がやられておこる病気です。

  1. 糖尿病性網膜症は成人における失明原因の第1位であり、毎年約3000人が失明しています。
  2. 糖尿病性腎症は新規人工透析の第1位で毎年約11000人が透析導入となっています。
  3. 糖尿病性神経障害により手足のしびれや痛み、感覚が鈍くなる、下痢や便秘、ED(勃起障害)などが起こってしまいます。

ほんとに怖いのは合併症2 − 動脈硬化症

糖尿病は小さな血管だけではなく、大きな血管にもダメージを与えます。いわゆる「動脈硬化症」です。

  • 心臓の血管がダメージを受けると狭心症や心筋梗塞になります
  • 頭の血管がダメージを受けると脳梗塞になります
  • 足の血管がダメージを受けると閉塞性動脈硬化症という病気になります

動脈硬化症は、糖尿病でない人にも起こります。この点は、三大合併症とは違う点です。 しかし、糖尿病があると、動脈硬化になりやすく、さらに血圧の高い人、 コレステロールが高い人、タバコを吸う人は、動脈硬化症になりやすくなります。

合併症を防ぐのが目標

糖尿病の治療の目標は、一時的に症状をとることではありません。 三大合併症や動脈硬化が起こったり、悪化するのを防いでいくことが、大きな目標になります。 そのためには、糖尿病の早期発見、早期治療が必要になります。

しかし、残念ながら、先ほど述べましたとおり、「糖尿病が強く疑われる人」のうち、治療を受けている人は 50.6%とされています。実に半分以上の方は、治療を受けていないことになります。

健康診断で

  • 「血糖値が高め」
  • 「糖尿病の気がある」
  • 「糖尿病予備軍」

などと いわれた方は、ぜひ医療機関を受診し、検査を受けることをお勧めします。

症状がある人は、すぐに医療機関受診をお勧めしますが、

「症状が無いから大丈夫」、「今まで糖尿病を放っておいても大丈夫だからこれからも大丈夫」 ってことは決してありません!

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。