2006年05月22日

暁現象とは、ソモジー効果とは

糖尿病のインスリン療法で注意した方がよいことがあります。

  • 朝の血糖値が上がったり下がったりして不安定なとき
  • 朝の高血糖が続くとき

このような時には、考えた方がよいことがあります。

それは、暁現象(dawn phenomenon)とソモジー効果(Somogyi effect)です。

暁現象(dawn phenomenon)

糖尿病の方も糖尿病でない方も、午前3-4時ごろから血糖値を上げるホルモンが、体の中に増えてきます。血糖値を上げるホルモンが増えるとそのままでは、血糖値がどんどん上がってしまいます。

そこで、血糖値がどんどん上がらないように、健常人では、血糖値を上げるホルモンが増えるにしたがって、血糖値を下げるホルモン = インスリンも体の中で増えてきます。これにより、血糖値の大幅な上昇が抑えられます。

しかし、もし、血糖を上げるホルモンに見合うだけの十分なインスリンが体の中で増えなかったらどうなるでしょうか?血糖値を上げるホルモンばかり、体に増えてしまうので、血糖値はどんどん上がってしまいます。このことを暁現象と言います。

つまり、夜中(〜朝方)のインスリン量が足りないために血糖値が上がってしまう現象です。

自分のすい臓からのインスリンの出が悪い人(特に1型糖尿病の方)で、問題になることが多いです。

ソモジー効果(Somogyi effect)

夜間に効いているインスリン量が多すぎると、血糖値が下がってしまいます。血糖値が下がってくると、体はなんとか血糖値を上げようとして、血糖値を上げるホルモンが多く出てきます。

多く出てしまった血糖値を上げるホルモンにより、朝方に血糖値が上がってしまうことをソモジー効果と呼びます。

つまり、暁現象とは逆に、夜中のインスリン量が多いために(血糖値がいったん下がり、低血糖のリバウンドで)、朝方の血糖値が上がってしまう現象です。

それでは、この二つを区別するためにはどうすればよいのでしょうか?

答えは、午前3-4時の血糖値を測かればよいのです。

もし、この時間帯に低血糖を起こしていれば、ソモジー効果で(低血糖のリバウンドで)朝の血糖値が上がっている可能性があります。この場合は、この時間帯に効いているインスリン(責任インスリン)を減らさないといけません。または、寝る前に1−2単位(80-160 kcal)の補食を摂るようにします。

逆にこの時間帯に低血糖を起こしていなくて、朝方の血糖値が大幅に上がっているようであれば、この時間帯に効いているインスリン(責任インスリン)を増やす必要があります。

このように、朝の血糖値が高い場合、不安定になる場合は、午前3-4時の血糖値を測ってみることが大切です。血糖値によって、インスリンを減らすのか増やすのか、大きく変わるからです。

主に1型糖尿病の方で問題になりますが、インスリンの出具合が悪い2型糖尿病の方でも問題になることがあります。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 23:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | インスリン治療

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
ソモジー効果(Somogyi effect)の説明わかりやすかったです。ありがとうございます。
Posted by 化石のアンモナイト at 2012年06月05日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。