2006年05月04日

糖尿病治療のてびき

糖尿病に関する本は、実にさまざまなものが出版されています。本の内容もさまざまで、ある本で勧められている治療が、別の本では良くない治療として書かれていることも珍しくありません。

では、どの本を読めばよいのでしょうか?

一つの本に決めることは難しいですが、最初に読む本としては糖尿病治療のてびき をお勧めします。

糖尿病治療の手びき―患者さんとその家族のための
日本糖尿病学会
糖尿病治療の手びき―患者さんとその家族のための
南江堂 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

楽天ブックスで詳しく見る
bk1で見る
セブンアンドワイで見る

糖尿病治療のてびきは日本糖尿病学会編の本で、糖尿病についての「教科書的な本」です。1961年に初版が発行されています。2006年に改訂されています。

  • 糖尿病はどういう病気なのか
  • 糖尿病に関する検査
  • 糖尿病の合併症
  • 糖尿病の治療
  • 低血糖やその他の病気になったときの対処法

糖尿病に関する基礎知識はこの本だけで、十分につけることができます。糖尿病に関する標準的な考え方を身につけることができます。

まずは、この本から読むことをお勧めします。その他の魅力的な(?)タイトルの本は、この本で十分な基礎知識をつけてから、読んでみてはいかがでしょうか?

値段が手ごろなところも、お勧めできる点です。楽天ブックスで買えば、送料無料です(2006年5月4日現在、2005年12月から送料無料のキャンペーンが続いています)。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本

a_blt021.gifこのブログの目次へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17372843
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。