2005年02月27日

血糖値とは

血糖値=血液の中のブドウ糖の濃度

糖尿病とは血糖が高くなる病気です。

そして、 血糖値が高い状態が続くとさまざまな合併症が出てしまいます。

でも、そもそも血糖ってなんなのでしょうか?

血糖値とは「血液の中のブドウ糖の量(濃度)」 を表す値です。 では、ブドウ糖は体の中で、どのような役割をしているのでしょうか?

ブドウ糖は体のエネルギー源

ブドウ糖は、体の最も重要なエネルギー源です。 特に、脳細胞は、必要なエネルギーのほとんどをブドウ糖に頼っています。 脳細胞以外にも、筋肉を動かしたり、心臓が動いたり、体温を維持するためにも、 ブドウ糖は必要です。

このように、ブドウ糖は体の重要なエネルギー源なので、 血糖値が下がり過ぎないように、さまざまなホルモンが働いています。 ひとつのホルモンがうまく働かなくなっても簡単に血糖値が下がらないように、 血糖を上げるホルモンは体の中に複数あります。

血糖を上げるホルモンには、 カテコラミン(アドレナリンなど)、 成長ホルモン、 副腎皮質ホルモン、 グルカゴン などがあります。 これらのホルモンによって、血糖値が下がり過ぎないように調節されているのです。

ブドウ糖はどこからくるの?

食事をすると、食べ物が消化・吸収されて、栄養素は血液の中に入ります。 その中の一部は、ブドウ糖となって体のエネルギー源となります。 余ったものは肝臓や脂肪に貯められます。 食事をしていないときには、肝臓や脂肪に貯められた栄養素から、肝臓でブドウ糖が作られて、 ブドウ糖が血液の中に出て行きます。 このようにして、食事をしていないときでも、血糖が下がり過ぎないようになっているのです。

血糖を下げるホルモンは?

血糖値を上げるホルモンは複数あります。 では、血糖を下げるホルモンはないのでしょうか? 血糖を下げるホルモンは、聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、 インスリン です。

糖尿病は

  • インスリンの「出」が悪い
  • インスリンが出ていても、効き目が悪い

ことにより、血糖値が上がってしまう病気です。インスリンについては、また説明したいと思います

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の基礎知識

2005年02月23日

境界型とは

75g糖負荷試験で、『糖尿病』と診断されたときは、定期的な医療機関の受診が必要です。 最終的に『境界型』と診断されたときは、どうすればよいのでしょうか?

境界型は、糖尿病の3大合併症を起こすことはほとんどありませんが、

  1. 糖尿病に移行しやすい
  2. 食後の血糖値が高いと、動脈硬化症が起こりやすい

という、大きな問題があります。

「境界型」から糖尿病に移行しないためには

境界型の人の4-6%は、毎年、糖尿病へ悪化します。 では、糖尿病へ悪化するのを予防することはできるのでしょうか?

米国で行われたDPP(Diabetes Prevention Program)という大規模臨床試験で、 食事、運動という生活習慣を改善することにより、糖尿病に悪化するのを抑えられることがわかりました。

低カロリー食、低脂肪食と 1週間に150分以上(1日30分の運動を5日間)の運動をすることによって、体重を7%減少させることを目標に、生活習慣の改善を指導されました。 その結果、4年間で糖尿病への悪化が58%低下しました。

また、メトホルミン(メルビン)という糖尿病の治療に用いる薬でも、 糖尿病への悪化するのを抑えることができましたが、 生活習慣改善のほうが、効果が大きかったと報告されています。

糖尿病に移行しないためには

  1. 適度な運動
  2. 太っている方は減量

が重要です。

減量は、いわゆる標準体重まで減らさなくても、 今の体重の5-10%減らすだけでも、効果があると考えられています (身長170cm、体重80kgの人であれば、4-8kgの減量でも効果があります!)。

「食後高血糖」と動脈硬化

同じ「境界型」でも

  • 空腹時の血糖値が高い「境界型」
  • 食後の血糖値が高い「境界型」

があります。

糖尿病に悪化しやすいという点では、どちらも同じです。しかし、 食後の血糖値が高い「境界型」は動脈硬化も進みやすくなります。 動脈硬化とは血管が狭くなったり、つまったりして、 血液がスムーズに流れなくなる病気です。

  • 心臓の血管に動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞になります。
  • 頭の血管に動脈硬化が起こると、脳梗塞になります。

糖尿病では、動脈硬化が起こりやすくなります。 糖尿病まで血糖値が高くなくても、 食後の血糖値が正常範囲を超える「境界型」でも、動脈硬化が起こりやすいことがわかっています。 とくに、

  • 血圧が高い、
  • コレステロールが高い、
  • タバコを吸う

などが重なると、動脈硬化が起こりやすくなります。

「境界型」の人で、 血圧が高い人、 コレステロールが高い人 は医療機関を受診し、しっかりと治療しましょう。 血圧、コレステロールが高くても、症状はほとんどないため、 定期的な血圧測定、血液検査が必要です。

「境界型」の人に、糖尿病の治療薬を使うと、動脈硬化が起こりにくくなることが、海外で報告されています。 しかし、現在、日本では「境界型」の人に糖尿病治療薬を使うことは 認められていません(保険診療では)。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 00:13 | Comment(19) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

2005年02月20日

糖尿病の気(け)があるといわれたら・・・

健康診断などで、

  • 「糖尿病の気がある」
  • 「糖尿病ではなく境界」
  • 「境界型糖尿病」
などと言われたことはないでしょうか?これはどういう意味でしょうか?

まず確かなことは、

「まだ糖尿病じゃないから大丈夫だろう」

と考えることは大間違いで、大変危険だ、ということです。 真剣に受け止めないといけません。

空腹時血糖値だけではわからない!?

健康診断の時は、食事をしないで血液検査を受けていると思います。つまり検査でわかるのは、空腹時の血糖値です。

  • 空腹時の血糖値が正常型(110mg/dl未満)
  • 糖尿病型(126mg/dl以上)
のいずれでもないときを
  • 「境界型」(空腹時血糖値が110〜125 mg/dl)
といいますが、
  • 「糖尿病の気がある」
  • 「境界」
などの説明を受けることが多いようです。

空腹時の血糖値が「境界型」でも、食事をした後に血糖値がかなり上がり、 本当は糖尿病のことがあります。(日本のデータでは、30%以上は糖尿病 といわれています)

つまり、空腹時の血糖値だけでは、わからないのです。 したがって、空腹時の血糖値で「境界型」といわれた方は、 本当に「境界型」なのか、実は「糖尿病」なのかを調べる必要があります。

お勧めは75g糖負荷試験

食事の後の血糖値といっても、食事の内容により食後の血糖は大きく変わります。 そこで、検査のために作られたのが、75gの糖を含んだ飲み物です。 これを飲んだ後、数回(例えば、30分、60分、120分後)血液検査をして、 血糖値の上がり具合をみると、糖尿病型か否かが判定できます。

この検査を、75g糖負荷試験(75gOGTT;oral glucose tolerance test)といいます。

120分後の血糖値が

  • 140mg/dl未満であれば『正常型』、
  • 200mg/dl以上であれば『糖尿病型』、
  • その間(140-199mg/dl)であれば『境界型』

です。

糖尿病の診断は、75g糖負荷試験がすべてではありません。 血糖値があまりにも高いときは、75g糖負荷試験をしなくても、糖尿病と診断できることもあります。 逆に、このようにあまりにも血糖値が高い場合は、75g糖負荷試験を受けると危険です。

  • 「糖尿病の気がある」
  • 「糖尿病ではなく境界」
  • 「境界型糖尿病」

などといわれたら、医療機関で、どのように対処したらよいか、相談していただくのが良いと思います。

最終的に「境界型」ときは、そのままなにもしなくて大丈夫なのでしょうか?

答えは「No」です。

境界型ついては、またお話したいと思います。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

2005年02月18日

HbA1cの目標値

HbA1cの基準範囲は4.3-5.8%です。 糖尿病の方も、もちろん、この基準範囲内に入っていれば優等生ですが、 なかなか難しいこともあります。 HbA1cが上昇するにつれて、糖尿病合併症も起こりやすくなります。 では、目標値はどこにおけばよいのでしょうか?

HbA1cの目標値

「目標値は一人一人、異なります。主治医と相談して決めてください。」 が答えになってしまいます。

というのは、年齢、合併症の有無・程度、低血糖の有無、低血糖症状の有無、 糖尿病の治療法などなどにより、目標値は異なるからです。

一般論としては、HbA1c 6.5%以下が目標になります。

この値は、Kumamoto studyという臨床試験がひとつの根拠になっています。

6年間の経過で

  • 空腹時血糖値 < 110mg/dl
  • 食後血糖値  < 180mg/dl
  • HbA1c < 6.5%

を達成できていると、三大合併症の発症・進展がなかった、と報告されています。 ただし、諸外国の大規模臨床試験では、 「この値以下なら絶対に合併症が出ない」 というHbA1cの値はないとされています。

諸外国では、HbA1c 7%未満が、血糖コントロールの目標として採用されている場合が多いです。 HbA1cが上昇するにつれて、三大合併症は起こりやすくなりますが、 HbA1cが8.0%を超えると、合併症が非常に起こりやすくなることがわかっています。

まとめ

HbA1cは低血糖がなければ、できる限り低いほうが良いです。

まず、HbA1cが8.0%以上は、避けるようにしましょう。

次にHbA1cが7.0%未満を目指し、 6.5%未満を達成できるようにしましょう。

繰り返しになりますが、これはあくまでも一般論で、目標値は一人一人違います。 主治医とよく相談して決めてください。まとめを表にしました。

コントロールの評価とその範囲
指標 不可
不十分 不良
HbA1c (%) 5.8未満 5.8-6.5 6.5-7.0 7.0-8.0 8.0以上

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 14:39 | Comment(3) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

2005年02月17日

HbA1cとは

医師 「今回は血糖コントロールがちょっと悪くなりましたねぇ。」

医師 「HbA1cが7.5%でした。」

患者 「採血の前日の夕食がいつもより、量が多くなったんですよ」

医師 「採血の前日の夕食で翌朝の血糖値は変わっても、HbA1cは高くなりませんよ」

HbA1cは過去1-2ヶ月間の血糖の状態を示す検査値

HbA1cはヘモグロビンエーワンシーと読みます。 そのほかグリコヘモグロビンや、省略してエーワンシーと呼ぶことがあります。 糖尿病と付き合っていくためには、ぜひ知っておきたい検査項目です。 血糖値の次に知っておくとよい検査値です。

しかし、時々、長く糖尿病で治療を受けている患者さんでも、HbA1cを知らない方が いらっしゃって、驚くことがあります。

HbA1cは、簡単にいうと、過去1-2ヶ月間の血糖値の平均値を知るための検査値です。

血糖値との違いは

血糖値は一日でも刻々と変化しています。 食事する前は低くても、食事をすると上がり、また日によっても変動します。 したがって、一回だけ血糖値を測定しても、長期間の血糖の状態を評価するのは困難です。 そこで、HbA1cの登場です。

HbA1cにより、採血する前の過去1-2ヶ月間の血糖の状態を把握できます。 血液検査の数日前から、食事や運動をがんばると、血糖値は下がるかもしれません。 しかし、HbA1cは1-2ヶ月間の血糖の状態の平均なので、短期間でそうそう下がることはありません。 検査の前だけ、食事や運動をがんぱって、血糖値を下げても、HbA1cはすぐには下がりません。

HbA1cを検査すると、1-2ヶ月間ずっと血糖値が良かったのか、検査のときだけ良かったのかがわかります。 HbA1cの値は、合併症が新たに出てしまったり、合併症が進んでしまったりするのと深い関わりがあります。

過去の血糖値がわかる理由

でも、どうして過去の血糖の状態がわかるのでしょうか?

Hb(ヘモグロビン)とは、赤血球の中にある赤い色素です。 ヘモグロビンは血液中の糖と結合します。 血糖値が高いほど、また高い状態が長く続くほど、ヘモグロビンは血液中の糖とどんどん結合します。 また一度、糖と結合すると、なかなか元に戻らなくなります。 糖と結合したヘモグロビンの割合(%)を測定するのがHbA1cです。 したがって、過去の血糖の状態が把握できるのです。

では、HbA1cは、いったいどのくらいにしておくと良いのでしょうか? 糖尿病の合併症を防ぐことができるのでしょうか? このことについてはまたお話したいと思います

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

2005年02月13日

糖尿病の診断、糖尿病は「糖尿」が本質ではない

「糖尿病」イコール「尿に糖が出る病気」ではありません。

糖尿病でも尿に糖が出ないこともあれば、糖尿病でなくても尿に糖が出ることがあります。 (ただし、尿に糖が出ているときは糖尿病の可能性が高いため、必ず検査を受けてください)

糖尿病は「血糖値」が高い病気

糖尿病とは「血糖値」(血液の中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気です。 では、正常な血糖値とは、どのくらいなのでしょうか?

血糖値の正常域は、

  • 空腹時の血糖値が110 mg/dl未満
  • さらに、75gの糖を摂取したあと2時間後の血糖値が140 mg/dl未満
です。

糖尿病の診断基準

下記のいずれかを確認できれば「糖尿病型」とします。

  1. 随時(食事や採血の時間に関係なく)血糖値が200 mg/dl以上
  2. 空腹時血糖値が126 mg/dl以上
  3. 75gの糖を摂取したあと(75g糖負荷試験)、2時間後の血糖値が200 mg/dl以上

たまたま検査のとき血糖値が高かったという可能性もあります。 そこで、別の日に行った検査で、「糖尿病型」が2回以上あれば、糖尿病と診断します。 ただし次のうち1つがあれば、「糖尿病型」が1回でも、糖尿病と診断します。

  1. 糖尿病の典型的な症状がある (のどが渇く、水分をとる量が多い、おしっこの量が多い、体重が減る)
  2. HbA1cが6.5%以上(HbA1cは血糖の平均値をあらわす検査値です)
  3. 糖尿病性網膜症がある。

正常型でも糖尿病型でもない場合を「境界型」といいます。 境界型については今後また説明したいと思います。

まとめると、次の表のようになります。

75g糖負荷試験による判定区分
正常域 糖尿病域
空腹時血糖値 < 110 ≧ 126
75g糖負荷試験で2時間後の血糖値 < 140 ≧ 200
75g糖負荷試験の判定 両者を満たすものが正常型 いずれかを満たすものが糖尿病型
正常型にも糖尿病型にも属さないものが境界型

随時血糖値≧ 200も糖尿病型です。

以上のように、糖尿病の診断に「尿に糖が出る」ということは関係ありません。 血糖値が高くなると、「尿に糖が出る」ようになります。 血糖値がどのくらい高くなると、尿に糖が出るかは、人により異なります。 だいたい血糖値が170mg/dlぐらいになると、尿に糖が出ることが多いです。

したがって、糖尿病で血糖値が高いときは、尿に糖が出ます。 糖尿病でも血糖値があまり高くないときは、尿の中に糖は出ません。 尿に糖が出ないから安心ということはありません。 尿に糖が出なくても、血糖値が高ければ、合併症が進む可能性があります。 糖尿病の状態を正確に知るには「尿糖」ではなく「血糖値」の状態を知ることが必要です。

むかしは、糖尿病は「尿に糖が出る病気」と考えられていたので、このような名前がついてしまったのです。 現在では、糖尿病は「血糖値が高い病気」であり、血糖値が高くなると、「尿に糖が出る」ようになる、ということがわかっています。 したがって、本当は「高血糖症」、「高血糖病」のほうが良いかもしれません。

もっと詳しく知りたい方は日本糖尿病学会のホームページより 「糖尿病診断基準」をどうぞ。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

2005年02月12日

糖尿病を放置しないで!

ある日の診察室で

患者 「今日、朝起きたら、突然、目が見えなくなって・・・」

患者 「すぐに眼科にかかったら、糖尿病のせいだって・・・」

患者 「内科にもかかるように言われて来ました・・・」

医師 「糖尿病っていわれたのは、今回が初めてですか?」

患者 「えぇ、10年ほど前に『糖尿病の気がある』って言われましたけど。」

患者 「糖尿病だって言われたことはないです。」

よく話を聞いてみると、10年前に健康診断で「糖尿病の気がある」と言われ、その後も血糖値が高いことがあったが、なにも症状がないため、そのまま放置していたという。
残念ながら、視力はいくらか戻っても、元に戻ることはないでしょう。

糖尿病 − 放置されやすい病気

厚生労働省の平成14年度糖尿病実態調査報告によると

  • 糖尿病が強く疑われる人」は約740万人
  • 糖尿病の可能性を否定できない人」は約880万人

で、計約1620万人にものぼります。まさに国民病ですね。

さらに驚くべきことに

「糖尿病が強く疑われる人」のうち治療を受けている人は50.6%

実に半分以上の方は治療を受けていませんでした。 どうして、こんなに治療を受けていない人が多いのでしょうか?

糖尿病は「無症状」のことが多い

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気です。症状としては尿が多い(多尿)、 のどが渇いてよく水を飲む(口渇、多飲)、 体がだるく疲れやすいなどが知られています。 しかし、 このような自覚症状を訴えて「私は糖尿病ではないでしょうか」 と心配して検査を受けにいらっしゃる方は少数派です。

たいていは

  • 「健康診断で血糖値が高めと言われた。」
  • 「健康診断で糖尿病の予備軍といわれた。」
などと、おっしゃって来院される方が多いです。

というのは、 糖尿病は早期に症状が出る患者さんは少なく、全く無症状の方が多いからです。 この「無症状」というのが糖尿病の怖いところです。

ほんとに怖いのは合併症1 − 三大合併症

無症状でも、血糖値が少しでも高い状態が続くと、 糖尿病による「合併症」は静かに進行しており、 気づいたときには手遅れになっていることもあります。

糖尿病の合併症で代表的なものが

  1. 糖尿病による目の病気(糖尿病性網膜症)
  2. 糖尿病による腎臓の病気(糖尿病性腎症)
  3. 糖尿病による末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)
で、三大合併症と呼ばれています。いずれも、比較的細い血管がやられておこる病気です。

  1. 糖尿病性網膜症は成人における失明原因の第1位であり、毎年約3000人が失明しています。
  2. 糖尿病性腎症は新規人工透析の第1位で毎年約11000人が透析導入となっています。
  3. 糖尿病性神経障害により手足のしびれや痛み、感覚が鈍くなる、下痢や便秘、ED(勃起障害)などが起こってしまいます。

ほんとに怖いのは合併症2 − 動脈硬化症

糖尿病は小さな血管だけではなく、大きな血管にもダメージを与えます。いわゆる「動脈硬化症」です。

  • 心臓の血管がダメージを受けると狭心症や心筋梗塞になります
  • 頭の血管がダメージを受けると脳梗塞になります
  • 足の血管がダメージを受けると閉塞性動脈硬化症という病気になります

動脈硬化症は、糖尿病でない人にも起こります。この点は、三大合併症とは違う点です。 しかし、糖尿病があると、動脈硬化になりやすく、さらに血圧の高い人、 コレステロールが高い人、タバコを吸う人は、動脈硬化症になりやすくなります。

合併症を防ぐのが目標

糖尿病の治療の目標は、一時的に症状をとることではありません。 三大合併症や動脈硬化が起こったり、悪化するのを防いでいくことが、大きな目標になります。 そのためには、糖尿病の早期発見、早期治療が必要になります。

しかし、残念ながら、先ほど述べましたとおり、「糖尿病が強く疑われる人」のうち、治療を受けている人は 50.6%とされています。実に半分以上の方は、治療を受けていないことになります。

健康診断で

  • 「血糖値が高め」
  • 「糖尿病の気がある」
  • 「糖尿病予備軍」

などと いわれた方は、ぜひ医療機関を受診し、検査を受けることをお勧めします。

症状がある人は、すぐに医療機関受診をお勧めしますが、

「症状が無いから大丈夫」、「今まで糖尿病を放っておいても大丈夫だからこれからも大丈夫」 ってことは決してありません!

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の最重要知識

2005年02月02日

糖尿病ブログについて

私は、糖尿病の診療に従事している医師です。

このblogで扱う内容は、主に糖尿病に関する話題です。

  • 糖尿病の予防、治療法
  • 糖尿病の合併症の予防、治療法
  • 糖尿病と関連のある病気
  • 日常の診療で感じていること

などをとりあげていきたいと考えています。 少しずつではありますが、内容を充実させていきます。

目次を作っていますので、気に入ったところから、ご覧になることもできます。

  • このブログについて、ご意見、ご要望、わかりにくい点
  • 糖尿病に関することで、疑問に感じていること、困っていること、知りたいこと

などありましたら、なんでも結構ですので、下記のフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。ご意見、ご要望の欄以外は記入していただかなくても結構です。

うまく送信できない場合はまで直接メールを送ってください。

記事作りに役立てていきたいと思います。

大変申し訳ありませんが、個別の医療相談には直接はお答えできないことが多いです。一般的な返事として、記事に反映したいと思います。 個別の医療相談については、 直接診療にあたっている主治医に尋ねていただくのが、 最良の方法と考えております。

ご意見、ご要望 ※必須
※以下は未記入でも結構です。記入可能なところだけ記入してください。
お名前
性別
年齢
メールアドレス
メールアドレス(確認用)

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他

2005年02月01日

糖尿病ブログとの相互リンク集

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

便利リンク集

便利なリンク集。私が使っているサイトをリンク集にしました。

便利リンク集
オンラインストレージ

SpiderOak ← 便利です

お買い物
楽天ブックス
Amazon.co.jp
音楽
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。
雑貨
無印良品ネットストア
化粧品
☆★☆低価格・高品質のアロマオイル
「シャーリープライス」ならアイビューティーストアー☆★☆
ペット用品
ペット用品.com
家電
家電とパソコンの大型専門店ジョーシン
激安!家電のタンタンショップ
PC・家電商品がお買い得!NTT-X Store
パソコン
NECパソコン直販サイト NEC Direct
第3世代水冷システム搭載 VALUESTAR G タイプX
エプソンのデスクトップPC
e-machinesのパソコンが買えるのは九十九電機だけ!
総合
【Yahoo!ショッピング】売れ筋ランキング情報
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
TV通販でおなじみ【ShopJapan】
その他
日経BP
レンタルDVD
DMMのDVD&CDレンタルなら1ヶ月間の無料お試し期間も借り放題!!
クレジットカード
おトク!出光まいどプラス
毎月20・30日はジャスコで5%割引【イオンカード】
出前、宅配
出前、宅配
忙しい人に朗報!【便利な出前】ネットでらくらく注文♪
旅行、宿泊
旅行、宿泊
一流なホテルと旅館:一休.com
【JTB】旅館・ホテル予約
【じゃらん】
貸切り・露天の8800円憧れ温泉宿
憧れシティホテルに1人1泊[8800円のプレミアムステイ]
航空券
国内最大級の格安航空券サイト「e航空券.com」
格安航空券販売サイトJDA
保険
自動車保険
ソニー損保なら自動車保険がお得に!!
年間走行距離に応じて算出する走る分だけの保険料です。
【価格.com 自動車保険】一括お見積り・資料請求
自動車保険見積もりQusy
保険スクエアbang!〜 自動車保険一括見積り
【無料】自動車保険一括見積り
写真プリント
ピクチャリングオンライン★デジカメプリントサービス
引越し
【無料】引越し最大8社一括見積もり依頼!
リンク集
無料アクセスアップ

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

糖尿病ブログとのリンク

糖尿病ブログはリンクフリー

糖尿病ブログはリンクフリーです。自由に糖尿病ブログにリンクしてください。リンクのテンプレートを作ってありますので、ご自由にお使いください。もちろん、テンプレートを使わなくても結構です。

相互リンクも募集しております。相互リンクをしていただける方は、糖尿病ブログトップページへリンクを貼っていただき、下記フォームで、あなたのサイトについて教えてください。こちらからもリンクさせていただきます。糖尿病ブログへのリンクは、下記テンプレートを使っていただけると便利です。

糖尿病ブログへのリンクのテンプレート
このソースをコピー&ペーストして使ってください
糖尿病ブログ
医師が糖尿病の情報を発信
糖尿病ブログ
糖尿病ブログ、医師が糖尿病の情報を発信
糖尿病ブログ、医師が糖尿病の情報を発信
医師が糖尿病の情報を発信

糖尿病ブログとの相互リンク

糖尿病ブログでは、相互リンクしていただける方を募集しております。相互リンクの方法は下記の通りです。

  1. 貴サイトから糖尿病ブログのトップページへリンクしてください。リンクの際は上記のテンプレートを使っていただけると便利です。
  2. 下記フォームで貴方のサイトの情報を教えてください。
  3. 糖尿病ブログへのリンクを確認後、糖尿病ブログから貴サイトへリンクを貼らせて頂きます。
  4. リンクを貼りましたら、メールでお知らせします。

相互リンクしていただける方をお待ちしております。

相互リンク募集フォーム
お名前
メールアドレス ※必須
メールアドレス(確認用) ※必須
貴ホームページのタイトル ※必須
貴ホームページの紹介文(全角100文字以内) ※必須
貴ホームページのURL ※必須
糖尿病ブログへのリンクを貼っていただいたURL ※必須

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

糖尿病リンク集

糖尿病ネットワーク
情報満載のサイトです。糖尿病のQ&A、談話室(掲示板)も設置されています。
club-dm.jp
インスリンを扱っている製薬会社ノボノルディスクのサイトです。インスリンについての説明が多いです。
All About [糖尿病]
糖尿病に関する情報が充実しています。最新の情報も載っています。
日本糖尿病協会
日本糖尿病協会は、糖尿病に関する正しい知識の普及啓発、患者及びその家族への教育指導、国民の糖尿病の予防、健康増進への調査研究を行うことを目的に結成された団体です。
日本糖尿病学会
医師向けの内容が多く、一部は糖尿病学会会員でないと見ることができません。糖尿病専門医がいる医療機関を調べることができます。
10万人の医師に質問できるQ&Aサイト【AskDoctors】
糖尿病を含めさまざまな病気について医師に質問できるサイトです。
おくすり110番
糖尿病のお薬に限らず、病院でもらう薬について調べることができます。
糖尿病治療(茅ヶ崎、平塚、藤沢)
茅ヶ崎、平塚、藤沢の糖尿病専門医のいる医療機関
糖尿病相互リンク集
糖尿病関連サイトの相互リンク集です。
糖尿病ステーション
糖尿病に関するおすすめの本、糖尿病の自己管理のしかたなどが解説してあります。
健康に関する人気ブログ
人気のある、健康に関するサイトの一覧です。

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

目次 2006年5月30日更新

目次の更新は遅れることがあります。

最終更新日は2006年5月30日です。

 
糖尿病ブログの目次
糖尿病関連
必須の知識
糖尿病を放置しないで!
糖尿病の診断、糖尿病は「糖尿」が本質ではない
HbA1cとは
HbA1cの目標値
糖尿病の気があるとは
境界型とは
糖尿病の治療の基本
低血糖の症状、対処法
基礎知識
血糖値とは
インスリンとは
糖の動き
糖尿病の分類
食事療法
食事療法の基本
食品交換表とは
食事療法を続けるとやせる?
運動療法
運動の効果
運動療法を始める前に
運動しても体重が減らない?
運動のエネルギー消費量
有酸素運動
レジスタンス運動
経口血糖降下薬(飲み薬)
糖尿病の飲み薬(最初にご覧ください))
スルホニル尿素薬、SU剤
速効型インスリン分泌促進剤
チアゾリジン誘導体
αグルコシダーゼ阻害薬
ビグアナイド薬
インスリン治療
インスリンはくせになる??
糖毒性の解除
インスリン治療の適応
インスリン製剤の種類
インスリンの注射パターン
インスリン注射器
インスリン4回または5回注射
インスリン2回注射
インスリン3回注射
責任インスリンによるインスリン調整法
責任インスリンはどれ?
暁現象とは、ソモジー効果とは
糖尿病一般
ペットボトル症候群
ウエストサイズと糖尿病
メタボリックシンドローム
検査
インスリンの出を調べる
Cペプチド(CPR)とは
糖尿病、その他の話題
血糖値の悪くなる時期
チョコレートと糖尿病
お勧めの本
糖尿病治療のてびき

>>人気blogランキング ← 少しでも参考になった方はクリックしていただけるとうれしいです

posted by ベスト at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

a_blt021.gifこのブログの目次へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。